街から 第148号

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 11:02

雑誌 街から 第148号 2017年7月

 

目次

● BOOK CAFE MACHIKARA
 ノートブックから
  脳味噌製造所展 成田宙路之ヒロシ
 いしのまきサステナブルデザイン通信 6
  サステナブルプロジェクトを全面的に展開しよう! 押切珠喜
 京都・綾部から 9
  初養蚕を通して教わったこと 出口春日
 田舎電車に乗ろう 64
  工場の中の岳南電車 伊達哲也
 暗闇が大好き
  こんなの撮ってどうするの? 佐々木健
● コラム【私的放射能メモ】 26
 浦上第一病院医長 秋月辰一郎    神田真理子
● 石垣島から 1
 ゆばなうれ(世は直れ) 内原英聡
● ペーパー・ブログ広島から
 東京よりアジアに近い街の魅力 田浪亜央江
● 連載 観る・読む・再考する 14
 「死の商人」という恥辱を生きさせられた〈心優しきテロリスト〉の話 天野惠一
   テキスト/映画 「太陽への脱出」(舛田利男監督・日活1963年作品)
   本 『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(杉原浩司・あけび書房 2016年刊)
● 三多摩・ひと・ポートレイト 6
 北の風レラはこぶスープカレー ほしのめぐみ
● 連載 カントリー・ダイアリー 36
 花は咲き、鳥は飛ぶ おおえまさのり
● 連載 音楽の時間が刻むもの 10
 浅川マキとヨーロッパに行った 寺本幸司
● 連載 写撃 6
 父親のリーリーのこともお忘れなく!! 平早 勉(撮影/レポート)
●コラム 人と街と建築 65
 淀屋橋と旧日本銀行大阪支店 上山恵三
● この本がおもしろい
 物語る寄せ場に ─『偽作、ながあきら外伝』をひためぐる─  蜷川泰司
● 死ぬまでまだ時間ひまはたっぷりある 2
 アフリカで悪さをしていた奴、今している奴 こみ 憲
● 連載 ココロハダカで 4
 私を脱ぐ(後半) 牧瀬 茜
● マンガ
 「無窮の果ての馬鹿」 天才ナカムラスペシャル
● 戯志群衆伝 11
 影男たち 平井 玄
● コラム おしるこ通信 19
 若宮丸を知ってるかい 門脇 篤
● 連載 現場からのリポート 5
 第20回グリーンティーJAZZフェスティバル 若松 修
  ─「基地文化」はこうして継承された! 
● 連載 人前で歌うということ 33
 ぼくの歌はBGMとしてなんか歌えない 中川五郎
● 声の集う広場
 安藤 眞、西谷 晋、松本昌次、牧瀬 茜
● 編集室から
 天野惠一、成田宙路之、寺本幸司、押切珠喜、本間健彦

 

表紙:成田宙路之
題字:赤松陽構造
デザイン:朝倉事務所

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック